スタッフの声~地域連携部・新人SW編~|杉並区、世田谷区の内科、訪問診療 あんクリニック訪問診療

お知らせ

スタッフの声~地域連携部・新人SW編~

こんにちは!!あんクリニック訪問診療の広報担当です。

今日は2021年1月に地域連携部の医療ソーシャルワーカーとして入職した新人さんのアンケートの中身をそのままご紹介します。

医療業界の中でも在宅医療という分野に飛び込んできてくれた彼女の良いところは何と言っても持ち前の明るさとガッツです!!

(筆者と同じく好きな言葉が「気合と根性!」という超体育会系のノリが大好きです(笑))

勉強熱心で成長が楽しみなスタッフの一人です。

 

 

 

 

 

 

 

【アンケート内容】
①あんクリニックに入職して良かったこと
毎日の業務や周囲の環境から学ぶことが多く、努力次第でどんどん成長していけること。
自分自身の知識量やコミュニケーションスキルを向上させていくことに楽しさを感じます。

②あんクリニックに入職して大変なこと
臨機応変な対応が求められること。
どんなに綿密な事前準備をしていても100%想定通りにはいかないので、自分の置かれた立場でのベストな言葉・立ち居振る舞いを選択していくことに難しさを感じます。

③あんクリニックの仕事でのやりがい
クリニック内での連携はもちろん、外部の機関とも連携しながら一つのケースを進めていくことにやりがいを感じます。
様々な職種の人が関わり合い、それぞれの役回りを果たしている姿を見ると、自分も早く求められる役割をしっかりと果たせるようになりたいと強く思います。

 

 

 

 

 

 

④(自分からみて)一緒に働く上司や同僚はどんな人?
丁寧に説明をした上で、まずはやってみようと任せてくださる上司です。
困ったことがあれば必ず手を差し伸べて助けてくださるので、とても恵まれた環境だと感じています。
一緒に働く仲間は、みんな仕事熱心です。ざっくばらんにお話ができるので、とても居心地がいいです。

⑤このメンバーで良かったと感じる瞬間はどんな時ですか?
失敗してしまった時に、それぞれの立場からしっかりとご指摘をいただけるのがとてもありがたいです。
時には落ち込むこともありますが、言われたことを全て次につなげて、ポジティブにがんばっていきたいと思っています!

 

 

⑥将来どんな自分になりたいですか?
クリニック内外での橋渡し役をしっかりと務められるようになりたいです。
自分に求められる役割を理解し、先回りの対応をしていけるよう、日々経験を積んでいきたいと思います。

 

 

ポストコロナ時代、患者様やご家族をどう支援していくか新しい在宅医療の在り方を模索し

地域の皆さんの身近な存在として少しでもお力になれるよう日々在宅医療に取り組んで参ります。

あんクリニック訪問診療 広報担当

 

【あんクリニック訪問診療からのお知らせ 広報委員会より】

あんクリニック訪問診療では講演会、勉強会などのご依頼も受けております。

ご依頼に関しましては、あんクリニック訪問診療 広報担当もしくは地域連携部までご相談ください。
※オンラインでの開催についてもご相談ください。

お問い合わせ先

TEL:03-5941-6053 時間:9:30~17:30

メールアドレス:anclinic-renkei@cap.ocn.ne.jp

広報担当もしくは地域連携部まで

 

ページトップへ戻る