診療案内|杉並区、世田谷区の内科、訪問診療 あんクリニック訪問診療

  • 0359416053
  • メールでのお問い合わせ

診療案内

訪問診療とは

病気や障害などでお一人での通院が困難な患者様に対し定期的かつ計画的にご自宅や施設へ訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をおこないます。
また当院は「在宅療養支援診療所」という制度に基づき、医師が24時間365日対応できるよう体制を整えております。

往診とは

医師が突発的な病状の変化に対し、その都度患者様の求めに応じて診療に出向くことを「往診」といいます。これに対して、訪問診療は様々な障害や病気などで通院が困難な方に対して定期的に訪問を行う点が大きく異なります。

当院は「機能強化型在宅支援診療所」です

機能強化型在宅支援診療所とは、複数の医師が在籍し、緊急往診や看取りの対応実績がある等、厚生労働省の定める、ある一定に要件を満たした在宅支援診療所を指します。

生活面からのサポート体制

介護サービスを上手く利用し、生活面からも支えてもらうことが、ご自宅での療養生活を続けていく「コツ」です。ケアマネージャー(介護支援専門員)や訪問看護ステーション、各介護サービス事業所の方々と情報交換を密に行うことで、おひとりおひとりの症状や病態、ライフスタイルに合わせた療養支援を行うことができます。

対応可能な科目

内科、外科、皮膚科、整形外科、認知症対応、血液疾患、神経難病など

対応可能な処置や検査

  • 採血検査、尿検査、培養検査
  • 心電図検査
  • 超音波検査
  • 人工呼吸器の管理
  • 酸素療法の管理(在宅酸素法)
  • 中心静脈栄養の管理
  • 経管栄養(経鼻、胃ろう、腸ろう)の管理、交換
  • 気管内吸引指導・管理
  • 浣腸・摘便
  • 気管切開後の気管カニューレ管理・交換
  • 腹水穿刺
  • 各種薬剤の点滴、注射
  • 尿カテーテル管理、腎瘍・膀胱瘍の管理、導尿
  • 各種ドレーン管理
  • 人工肛門の管理
  • がん末期などの緩和ケア(痛みの治療)、在宅での看取り、ターミナルケア

皮膚科的な処置

  • 褥瘡(床ずれ)の処置、創傷処置
  • 陥入爪処置、イボの治療

整形外科的な処置

  • 膝や肩などの関節注射
  • 痛み止めの注射
  • 骨粗鬆症(骨折予防)の注射

その他

  • 脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血)、脳腫瘍等の継続的加療
  • 認知症(アルツハイマー型・脳血管障害型)、パーキンソン病やALS(筋委縮性側索硬化症)などの神経難病の加療
  • 高血圧、糖尿病など慢性疾患に対する継続的加療
  • 睡眠時無呼吸症候群の検査、24時間心電図検査など
  • 各種診断書、証明書、主治医意見書などの発行

対応範囲は随時拡大してまいりますので、記載がないものでも御相談ください。

訪問診療体制と医療連携について

  • 当院は居宅療養支援診療所となります。
  • 訪問診療をお申し込みいただいた患者様には、事前に日程を決めた上で月2回、(初診月は3回)定期的に訪問診療を行います。
  • お体の状態により、訪問回数を増やして診療を行うことも可能です。
  • 定期訪問診療を受けておられる方が、次回の訪問診療まで待てない場合や、緊急な容体悪化などが生じた場合は、主治医がその都度対応いたします。
  • 緊急時の往診につきまして主治医が対応できない場合には、連携医師が訪問する場合もありますのでご了承願います。
  • 万一ご容体が悪化し、病院での入院治療が必要となった場合に備えて、近隣病院等との連携を行っております。
    その他の病院等で今までに入院、通院履歴などがある場合、また緊急時の入院希望先病院がある場合には予め当クリニックまでお申し付けください。
  • 当院は院外処方となっておりますので、基本的には処方箋を薬局に御持参ください。
  • 事情があって薬の配達を御希望の方には配達を行っている薬局をご紹介いたします。
  • その他、健康管理増進や医療についてのご要望がありましたら、ご遠慮なくお申し出下さい。ご要望の実現に向けて、努力いたします。

連携している病院

診療費用について

各種健康保険が適用となります。
高齢者の場合、医療費負担の上限が決まっていて(1割負担の方は約14,000円、3割負担の方で約58,000円)、このほか検査や複数回の往診や色々な検査や治療をうけたとしても、一か月あたりの診療費の自己負担は、概ね1割負担の方で約6,800円~約14,000円程度、3割負担の方の場合、約20,000円から約58,000円程度の費用負担となります。

医師が月2回訪問する場合の一般的な費用

高齢者(1割)
標準負担額 約6,800円
負担額上限 約14,000円
高齢者(3割)
標準負担額 約20,000円
負担額上限 約58,000円
一般(3割)
標準負担額 約20,000円
負担額上限 高額医療費による返還(注1)

(注1)一定の負担額を超える場合に適用されます。申請が必要です。
(注2)公費負担を受けられている患者様は、医療費は公費でまかなわれます。
(注3)院外処方となりますので、薬剤費は別途必要です。
(注4)介護保険利用者の方は、居宅療養管理指導料(月に580円)が必要となります。
(注5)当院では、基本定期の訪問診療に関しては交通費を頂いておりませんが、日曜・祝日、診療時間外に対する往診のみ一律別途2,000円頂いております。

当院では、訪問診療の月内規定回数はいずれの方も2回以上(1回も可)です。
初診月は3回以上となります。
これは、医師が定期的かつ計画的に患者様の病状を把握することが必要と定めた厚生労働省の通知に基づくものです。

自費負担となる費用

  • 各種予防接種(インフルエンザや肺炎球菌ワクチンなど)
  • 診断書、申請書等の文章作成料
  • 介護で使用する物品の一部

文書作成(診断書・証明書など)について

①申し込みについて

原則、文書作成のお申込み(ご依頼) は平日の9:00~18:.00までとさせて頂いております。
※休診日および受付時間外は文書作成についてのお申込み受付はできませんのでご了承ください。

②患者さん本人以外が申し込まれる場合

当院では患者さん本人以外の方が申し込まれる場合には、委任状又は申込される方の身分証明書をご提示頂きます。また、原則として郵送でのお取扱いはしておりません。上記の時間帯に訪問診療事務局 (往診部) へお越し頂くか、診察時にお申込み(ご依頼) 頂くようお願い致します。
※やむを得ない事情により郵送での取り扱いとなる場合は担当者へご相談ください。

③作成にかかる日数

診断書の内容によっては、作成に概ね3週間程度のお時間をいただいております。なお、お預かりする書類や担当医によって作成に要する期間が異なりますので、詳しくはお申し込みの際にご確認ください。
※診断書や証明書の内容によっては、改めて診療しないと記入できないものや事前に医師の了解が必要な場合がございますので、あらかじめご了承ください。その場合は、後日に当院よりご連絡いたします。
また、当院の診療記録保管期限を過ぎた内容に関する診断書等の作成については承ることができません。
※外来診療に関する文書作成については外来スタッフまでお尋ねください。

死亡診断書 5,400円~
生命保険障害診断書 5,400円~
障害状態確認届 5,400円~
診断書(内容より) 10,800円~、5,400円~、2,160円~、1,080円~
特別障害者手当認定診断書 10,800円~
症状等に関するご照会兼回答書(損保宛) 5,400円~
臨床調査個人票(重症認定診断書含む) 5,400円~
診断書(ローン返済) 2,160円~
成年後見用診断書 2,160円~
入浴意見書 1,080円~
おむつ意見書 500円~
身体状況確認書 500円~
医師との面談費用(60分以内) 10,800円~
医師との面談費用(90分以内) 16,200円~
医師との面談費用(120分以内) 21,600円~
インフルエンザ予防接種(自費) 5,000円
インフルエンザ予防接種(助成) 2,500円
肺炎球菌予防接種(自費) 7,560円
肺炎球菌予防接種(助成) 4,000円

ページトップへ戻る